部屋に合う白いゲーミングキーボードだけを紹介!オススメ9選

部屋に合う白いゲーミングキーボードだけを紹介!オススメ9選

「色を統一するため、白のゲーミングキーボードを探しています」
「ワイヤレスゲーミングキーボードで白色はありますか?」
「白のゲーミングキーボードで光る物はありませんか?」

このような悩みはありませんか?
ゲーミングキーボードの色は黒が主流なので、違う色を探すのは難しいですよね。

この記事を読めば、白いゲーミングキーボードの情報を網羅できます。

この記事では、「白いゲーミングキーボード9選」をお伝えします。
読み終えれば、あなたの買いたいゲーミングキーボードが見つかりますよ。

ゲーミングキーボードとは

ゲーミングキーボードとは、パソコンでゲームをする際に最適になるよう作られたキーボードです。

たとえば、

  • 複数同時にキーを押した際にすべて適切に反応する「Nキーロールオーバー」
  • 意図しない誤入力を防ぐ「アンチゴースト」
  • より瞬時に反応するための「メカニカル式キーボード」

このように、普通のキーボードにない機能があります。

つまり、普通のキーボードよりも、さらに快適にゲームをプレイするために作られたキーボードがゲーミングキーボードです。

白いゲーミングキーボード9選

一般的にゲーミングキーボードの色は黒が多いです。

今回は、部屋や他の機器の色と合わせたい場合に便利な、白のゲーミングキーボードを9つご紹介します。

それぞれを特長とともにわかりやすく説明しますね。

※価格は記事執筆時の情報です。

【激安なのに優秀】e元素 Z-88 メカニカル式ゲーミングキーボード

特徴

  • 茶、赤、青軸から選べる
  • 激安
  • 英語配列
  • 耐水性あり
  • 60%キーボード

今回ご紹介する中で最安値にもかかわらず、しっかり使えるキーボードです。
Amazonでの価格が4,000円台にもかかわらず高評価が多いです。
キーに使われている軸も茶、赤、青軸から選べる自由度の高さがあります。

各軸の特長を簡単に説明すると次の通りです。

  • カタカタ音があり、クリック感の一番大きい青軸
  • キーが軽く、音が控えめの赤軸
  • 赤と青の中間の茶軸

Amazonでは、1,900件を超える評価がされており、事前に口コミも参考にできるため、納得して購入しやすいです。

このキーボード独特の機能として耐水性があります。
直接水をかけるのはNGですが、飲み物を机に置いてこぼれても大丈夫なので、安心感が高まりますね。

フルサイズキーボードから、テンキーと方向キー、ファンクションキーを取り除いたものを60%キーボードと呼びます。
フルサイズキーボードを100%とし、比較した大きさを%で表現しています。

60%ながらファンクションキーが独立しており、コンパクトながらも使いやすいキーボードです。

【メンブレン式】MSI Vigor GK30

特徴

  • メンブレン式
  • 英語配列
  • マルチメディアキーあり
  • フルサイズ
  • 価格が安い

ゲーミングキーボードでありながらメンブレン式を採用する珍しいキーボードです。
メンブレン式とは、一般的なキーボードで採用されており、特長として安く製造できます。

ゲーミングキーボードではメカニカル式が一般的で、メンブレン式に比べて高価です。

メンブレン式にこだわりがある方は、このキーボードを選択しましょう。

このキーボードの製造会社であるMSIは、台湾でコンピュータ関連部品を扱う会社で、eスポーツの分野で知名度が高いです。

他メーカーの激安キーボードでは信頼できないが、安い物が欲しい人によい製品といえます。

【遅延のないワイヤレス】Logicool G913 TKL

特徴

  • 最高級
  • ワイヤレス
  • 遅延が少ない
  • 薄い
  • 長時間バッテリー
  • 日本語配列
  • 80%キーボード

ワイヤレスに対応した、最高級のゲーミングキーボードです。
Amazonでの価格が27,000円を超えますが、その分かゆいところに手が届きます。

ワイヤレス接続が特長で無線接続、Bluetooth接続ともにできます。

ワイヤレス接続時のバッテリーの持ちは、長時間なので心配ありません。
輝度100%の際に40時間持ちます。
バックライトを消して利用することで、さらに長時間使えるでしょう。

日本語配列しか選択できないのでご注意ください。

80%キーボードとは、フルサイズキーボードからテンキーを除いたサイズです。大きすぎず、小さすぎず、ゲームをするのに最適なサイズですね。

厚さも薄いので、インテリアとしても魅力を感じることができます。

カーボン色(黒)であれば、GLクリッキー (青軸)、GLタクタイル(茶軸)、GLリニア(赤軸) の3つの軸から選択可能です。

【特殊レイアウトだが安い】WENRUI メカニカルキーボード

特徴

  • 英語配列
  • ワイヤレス接続
  • キー配置が独特
  • 茶、赤、青軸から選べる
  • 激安
  • 60%キーボード

ワイヤレス接続が可能な激安キーボードです。
Amazonにおいて、5,000円台で購入可能なキーボードです。

しかもBluetooth接続でのワイヤレス接続が可能。
バッテリーの持ちとして「10時間の連続使用が可能」と少なめですが、価格を考えると納得できますね。

WENRUI メカニカルキーボードは、60%キーボードです。
コンパクトさの代わりとして、キー配置が独特なので、よく考えてから購入しましょう。

たとえば、右端にカーソルキーが配置されていなかったり、スラッシュの入力では複数のキー操作が必要だったりします。

【安いワイヤレスをお探しなら】DREVO Calibur V2 PRO

特徴

    ・茶、赤、青軸から選べる
    ・英語配列
    ・ワイヤレス
    ・コンパクト
    ・60%キーボード

ワイヤレス接続可能なキーボードです。
Bluetooth接続できます。

価格はAmazonで、14,000円台と安い価格です。

英語配列キーボードのみ選択可能で、茶・赤・青の3つの軸から選べます。
コンパクトさが売りで、カーソルキーは必要でも、テンキー不要の方にぴったりです。

【小さくてかわいい】Razer Huntsman Mini

特徴

  • 日本語配列と英語配列が選べる
  • 小さくてかわいいデザイン
  • 2つの軸から選べる
  • 60%キーボード

デザインのかわいさに特徴があるキーボードです。
かわいくて小さい白色が映えるキーボードで、日本語配列と英語配列から選べます。

クリッキーオプティカルスイッチ(紫軸)、リニアオプティカルスイッチ(赤軸)から選べるので自由度も高いです。

紫軸と赤軸は次の特長があります。

  • 紫軸はクリック音がしっかりあり、バランスの取れた作り
  • 赤軸は、反応速度が速く静か

Huntsman Miniは60%キーボードのため、小さくかわいいデザインです。
しかし、ゲーム以外の用途では不便を感じることがあるかもしれません。

具体的には、ファンクションキーが独立していないため、普通のキーボードよりも入力に一手間増える時があるので注意してください。

白で統一したい時にぴったりなキーボードですね。

【コスパの良さが売り】Razer BlackWidow Lite

特徴

  • 日本語配列と英語配列が選べる
  • 80%キーボード
  • 値段と製品のバランスがよい

コストパフォーマンスのよさが売りのキーボードです。
Amazonでは、9,000円前後のため購入しやすい価格です。

軸には静音性があり、クリック感の薄いオレンジ軸を採用しています。
さらに静音性を上げるためのOリングが内蔵されており、打鍵音を気にする人に最適です。

BlackWidow Liteは、60%キーボードでは小さすぎるがテンキーは不要と考える方にちょうどよいキーボードサイズです。

【デザイン重視】ROCCAT VULCAN 122 AIMO

特徴

  • 2つの軸から選べる
  • 日本語配列と英語配列が選べる
  • フルサイズ
  • 独特なデザイン

独特なデザインのフルサイズキーボードです。
デザインの特長は、ボリューム調節用のノブがついている点です。

軸は、リニア(赤軸)・タクタイル(茶軸)の2種類から選べます。

取り外し可能なパームレストも付属し、手が疲れづらい作りです。
日本語配列と英語配列から選べるため、配列にこだわりがある人でも問題ないのが嬉しいですね。

【高級感のある】CORSAIR K70 RGB MK.2 SE

特徴

  • 高級感
  • 銀軸
  • 人気が高い
  • 英語配列
  • フルサイズキーボード

高級感のあるキーボードです。
シルバーのアルミフレームが高級感をだし、所有欲を満たしてくれるデザインです。

一方で価格も高価でAmazonでは27,000円台。
Amazonでの評価数は2,000を超えており、見た目だけでなく中身も充実していることを感じさせます。

英語配列のみで日本語配列ユーザーには少し残念ですが、高速タイピングに向いている銀軸を採用しているため、ゲーマーにはうってつけ。

見ためと実力を兼ね備えた高級ゲーミングキーボードです。

まとめ

いかがでしたか?
白いゲーミングキーボードを9点ご紹介しました。

配列と軸、見た目の3点が大きなポイントですね。

中でも軸の打ち心地や打鍵音は、実際に使ってみないと実感できないので、一度お店で体験するのもよいでしょう。

今回ご紹介したものを参考に、あなたの家に合う素敵な白いゲーミングキーボードを見つけてくださいね。

ゲーミングキーボードカテゴリの最新記事